スポンサーリンク

【ベース弦レビュー】好みが分かれる? アーニーボールのベース弦

スポンサーリンク
ベース
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はろはろ、えむに(@m2_MMkz)です。

長らくお気に入りのベース弦が見つからず、色々なメーカーの弦を試してきました。
今回はアーニーボールの弦について紹介したいと思います。

自分が普段使っている弦はR.Coccoの弦です。

アーニーボールとは?

アメリカの老舗弦メーカーです。
ギター弦の方が有名ですかね。 ダダリオと同じくらいの価格帯で、こちらの方が音が派手なので
好んで使っているギタリストが多いイメージです。
弦だけでなくストラップなどのアクセサリーも扱っているメーカーです。

ギターもベースもダダリオと並べられることが多いメーカーです。
楽器屋さんでもたいがいこの二社の弦がバリエーションも多く、よく目につきます。

サウンドは対極のような感じです。だからこそこの二つのメーカーが並ぶのでしょうね。

ダダリオは比較するとおとなしめなサウンドで、
アーニーボールは派手目なサウンドがします。

スポンサーリンク

アーニーボールの特徴

上記したようにサウンドは派手で、ギラギラしています。
なので、結構人を選ぶといいますか、好みが分かれます。

そしてなんといっても寿命が極端に短いです。
特徴的なギラギラサウンドが維持できるのは一瞬です。
一度弾くと次からサウンドが変わっています。

人によっては一時間もたないらしいです。
さすがに自分の体感では一日二日は持つイメージがあります。

手触りはざらざらしており、グリスなどがしにくいです。

レコーディングなどで、その一発で最高の音が欲しい時とかならいいのかもしれません。

最後に

弦は完全に好みですが、アーニーボールの弦は自分には合いませんでした。

ギラギラしたサウンドはあまり好みではないのと、
ベース弦は値段が高いので、寿命がある程度長くないと破産してしまうので
アーニーボールはちょっと当てはまらなかったです。

ただ、張りたてのアーニーボール弦でスラップした時の
あのサウンドは唯一無二です。
あのスラップサウンドは他の弦では出せないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました