スポンサーリンク

メタル用7弦ギター! ギター音源『HEAVIER 7 STRINGS』レビュー

スポンサーリンク
ソフト音源
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はろはろ、えむに(@m2_MMkz)です。

Three-Body Technologyの『EAVIER 7 STRINGS』を導入しました。

メタル用7弦ギター音源です。

前々から欲しかったので、
こないだのセールで買ってみました。

概要

HEAVIER 7 STRINGSも名前の通り、メタルに特化した7弦ギター音源

となっています。

こちらも単一のギターだけを収録しているにも関わらず、独自エンジンの開発やサンプリングを含め4年に及ぶ時間を費やして開発されたもので、かなり質がよくなっています。

また7弦とは言え、7弦目を使わなければ普通の6弦ギターと変わらないので、汎用性も高いです。

ちょっとヘビーな重心の低いギターを入れたい時に重宝します。

最大16個のラウンドロビン・サンプルにより、べた打ちでも自然な演奏が可能なので打ち込みやすさも十分あります。

評価

・アンプやエフェクト、フレーズがセットになったプリセットが豊富
・メタル特有の単音ブリッジがリアル!
・簡単にメタルギターの音が作れる
・ギターの音作りが苦手な人におすすめ

これひとつでメタルギターは再現できます。

やはり普通のギター音源では、単音ブリッジが不自然になることが多く、
また7弦の音圧はドロップチューニングとは全然違います。

それに、ギターの打ち込みは打ち込み技術よりも
音作り技術が最重要となっています。

この音源はプリセットにすでにかっこいい音が用意されているので、
そのまま使っても十分問題なし!

起動してすぐ超かっこいいメタルギターが作れます。

デモ

豊富なプリセット

大量のフレーズパターンがデフォルトでついており、DAWに貼り付けてMIDIをあとでいじったり、組み合わせてフレーズが作れます。

また、打ち込みのサンプルとして分析すれば
オリジナルを打ち込むときの勉強になります。

アンプやエフェクトも作りこんであるので、
音作りの参考にもなります。

おわりに

メタルに特化したギター音源であるため、他のジャンルにはなかなか使いにくくはありますが、
あの単音ブリッジのズンズンという低音はこの音源の最大の特徴でしょう。

ギターが弾けない、けどメタルギターの音が欲しい!
そんなDTMerの方々におすすめです。

【公式サイト】>Three-Body Technologyb

タイトルとURLをコピーしました