スポンサーリンク

ギターが弾けないDTMerの味方! ギター音源『REAL GUITAR5』レビュー

スポンサーリンク
ソフト音源
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はろはろ、えむに(@m2_MMkz)です。

MusicLabの『REAL GUITAR 5』を導入しました。

アコースティックギターのソフト音源。

もともとREAL GUITARは持っていたのですが、5にアップグレードしました。

評価

Real Guitar Steel StringとReal Guitar Classicの2種類の音源。
音作りの幅が広い
奏法、コードポジション指定などリアルな打ち込みが可能
大量のMIDIフレーズパターン収録
Kontaktがいらない

古いバージョンで十分満足していたのですが、アップグレードが思いの外安かったので買ってみたところ、大変気に入っています。

ダブリングやナイロン弦、12弦と豊富なサウンドが出せるため、一つで色々な場面に対応でき、アコギを使うときは必ずこれを使ってます。

デモ

豊富なMIDIパターン

スポンサーリンク

大量のフレーズパターンがデフォルトでついており、DAWに貼り付けてMIDIをあとでいじるといった形がほとんどです。

アップダウンのストラミングやゴーストノートなどを参考にしつつ自分の求めているフレーズに作り替えていく感じです。

このMIDIパターンはストラミングなどのデータだけとなっており、これにコードを指定してあげることで音が鳴ります。

うまく鳴らすには一工夫いります。

それはまた別の記事で書きたいと思います。

おわりに

MusicLabのギター音源は簡単にフレーズが作れるため非常に便利です。他のリアルさを求めた音源と比べても安くて軽いです。

作り込もうとすると少し工夫がいりますが、MusicLabのどの音源も使い方は同じですので、ひとつ覚えてしまえば全部使いこなせるようになります。

アコギ以外にもエレキギターのストラトやレスポール、リッケンバッカーや8弦ギターなんかもあります。

どの音源も非常におすすめです。

【公式サイト】Musiclab

タイトルとURLをコピーしました